三原山縦走 ポットホール

三原山縦走 ポットホール

移動距離 14km
標準時間 6時間10分、最遅時間 6時間52分、最速時間 5時間19分

三原山縦走は防衛道路沿いにある三原山登山口から先ずは頂上に登ります。

三原山の一般的登山では、この防衛道路沿いの登山口から頂上までの往復になりますが、三原山縦走では頂上までは同じルートで後半にどんどんジャングルの奥深くを突き抜けていきます。てことで後半に面白くなっていきます。
上のYAMAPの地図では赤線が一般的な登山道なのですが、三原山の頂上を通過してから先は中央上やや右に山頂マークのある西白雲山・東白雲山の頂上付近を通過してポットホールに降りて行き、さらにそこから山の中を末吉まで降りていくルートとこんざわ林道(舗装路)を行くルートと選んでいただき末吉地区まで行きます。

三原山の南側ルートは複雑でガイドがいないと道迷いしてしまう厳しい登山道となり、わいるどスギちゃんの本領を発揮してしまいます。

約6時間の1日がかりになりますので、初めにお弁当を購入して山行中にお昼ごはんを食べます。

一緒に八丈島のジャングルを冒険しませんか!?

今回は2023年5月27日に同僚女子グループ4名と元同僚女子友達2名のノリの良い計6名のお客さんを三原山縦走ポットホールコースをガイドした時の様子をYouTubeにアップしたので感じをつかんでもらえたらと思います。